オッドイーブンエフェクト

 座標の偶数奇数によって検出効率が変わるぞっ。
 8時くらいに起きた。なにかつまらない夢を見ていたのだけれど、きりがいいので起きた。
 朝餉、炒飯に唐揚げ。ところで、唐揚げにされるものって大体定番だけれど、ほうれん草の唐揚げというものはないのかな。雪見大福の唐揚げでも可。ちょっと前まで「聖ちゃんの唐揚げ」というギャグで喜んでいた。
ランちゃん「ふむ……ヒジリさんの唐揚げですか……。なるほど、一考の余地はございますね」
↓1時間後
ランちゃん「ところでこの中華鍋を持って座間まで参りますけれど、パクリコンさんには内緒で」
レビアちゃん「鍋はともかく、左手に抱えてあるパン粉と卵と油は何なのよ」
 二限、固体物理学。レポートがっ、出なかったっ。まあ再来週に伸びただけだけれど。でも1週間で考えて提出しろだなんて、ちょっと無茶だぞ。
 帰る。お昼はぶっかけ饂飩だ。ぶっかけ饂飩をひらがなでぶっかけうどんと書くと、ちょっとだけいやらしさが増す。
 実験、別の名を早野櫻井試問。
 殆ど僕が喋る必要など無かった。無いどころか、喋ることが邪魔になる程度であった。
 けれど地面からの高さ依存の結果を出すと、喋らなければならなくなった。無口キャラで綾波門路線を貫きたかったのに。
 綾波は描いたことないが、一時期にユッキーにはまっていたころは長門を描いていた。ハルヒSSで長門のキャラを崩壊させるのが楽しかった。ハルヒがえろいことを言っても普通だけれど、長門がギャルぶると可愛い。
「救済措置で救済されたい」
「キリスト教みたいだな」
 櫻井先生はお絵かきが好きらしい。どこくらいまで好きなんだろう。
 実験データでバリウムやコバルトの検出効率からのズレになにか特徴があるのではないかと探ってみたけれど、無かった。
 パクリコンに過去など無かった。あるのは、ピチロの世界だけだった。
 帰る。
 アニポケ見ていた。最近デントが面白い。
 秋葉原まで散歩。メイトで東方茨歌仙を買う。されど罪人は竜と踊るを買うお金が無かった。服を買いに行く服が手に入ったら今度はこういう災難が待ち受けているとはなあ。
 さっさと帰る。
 茨歌仙を読む。儚月抄とは違って、華扇が可愛い。可愛いというか、全体的にキャラの頭身が低くて胴長嘆息で童顔で、手が小さくて口調が幼くてキャラが未分化だった。
 ピチせかと何が違うんだフヘヘン、とか思ったけれど、あずまあやさんの太眉もみちゃんは凛々しかった。ケモノ耳は無かったけれど、まあ、うん、立派だ、もみちゃんが。
 そういえば、ランちゃんと4日ぶりに愛し合った。抛っておいて寂しい思いをさせてゴメン、みたいなことを言わないで愛し合った。言えばよかった。
 夜食にヤキソバを作ったが、ソースを基準の1割程度に抑えておいた。まるで味がしない。
 krik/krakがサイトに上げてある音楽を多少落として聴いている。そんなに何回も聞きたくなるようなのではないなあ。じゅーえくのエンドレスリピートのほうがいいかなあ、と今は思うけれど、そのうち中毒性が出てくるかもしれない。まあでも最初から中毒性を感じなかったらあまり期待はできないなあ。
 ハルヒSS。
ハルヒ「みんな! オナニーのオカズをおしえてちょうだい!」
キョン「そういう意味の無い議題はやめろってのに!」
古泉「僕は、ウッフ、挿入される側になってシチュエーションを組み立てるのが好きですね。主にツンデレでヘタレなリア充が行き場の無い悲しみを僕のお尻で発散させて、その後で愛情という名の友情が生まれるという、まあありきたりなものですが」
みくる「ぴいいいっ、お、おな、お、お、お、なんなんですかぁ!?」
長門「……ふでペンボールペン……(このあいだGペンで膣のなかぐりぐりしたら痛くて血が出てきたこと思い出したわ、んもう、ハルにゃんってユッキーのオナニー事情知ってるのかなあー。でもGペンでイレズミするのってどことなくかっこいいわよねーヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ)」
ハルヒ「なるほど、誘い受けにオナニー未経験にペンオナにロリAV見て妹に顔射プレイ想像するオナニーね!」
キョン「待て! 最後の、ロリAV見て妹にどうたらこうたらって俺のことか! 勝手に決めるな! 俺のオカズは朝比奈さんだ!」
古泉「え……?」
みくる「ぴぃ……?」
長門「……ふでぺんぼぉるぺん……(はぁっ!? ふざけんじゃないわよ! なんでユッキーじゃなくてウンコおっぱいがオカズなのよ! ユッキーをオカズにしろってあれだけ脳内テレパシーで伝えたってのに! もう怒った、宇宙コロニーからのレーザー砲でみくる殺す。ハルヒも殺す。古泉は顔が気に食わないから殺す。もういい、全員ブッ殺してやる! 地球もろともチリと化せ! このくそったれイエローモンキーどもがぁあああっ!)」
ハルヒ「あんた……この間有希と教室でセックスしてたからてっきり有希のいやらしい写メとかテレフォンセックスとかでオナニーしてるのだと思ってたのに……」
キョン「あ、う、いや、その、あれは、違う、誤解だ、長門からも何か説明してくれ、俺とお前は、その、なんでもないよな? ほら、なんというか、普通の、あの、なんだろう、うまく説明できん、お前が日頃使うような簡潔で説得力がある単語でこいつらを納得させてくれ!」
古泉「長門さん! キョン君とはカレシカノジョの関係なんですか!?」
みくる「ぴぃぃ……私がオカズじゃなくてよかったぁ……ちょっと残念……ぴぃ……」
長門「……簡潔に言う」




長門「キョンキョンはユッキーの性奴隷」



ハルヒ「そ、そう……(後で有希とキョンをセットで殺す)」
古泉「そうなんですか……(後で長門とキョンをセットで殺す)」
みくる「ぴぃぃぃ……(特に理由は無いけれど、こいつら殺して未来に帰る)」

キョン「俺の人生終わったァァァーーーーッ!」
(おしまい)
という、3~4年前にありがちだったパターンの復活。
 ユッキーのキャラが変わったような気がするが、3年も経ったらユッキーも変わるよ。
 しかしまあ、霧弥さんと勝虎さんと新しくマイミクになった途端がこれだもんな。
 確実に日記のネタチョイスミスだ。
 イチローがギターで世界を取る以上か、それ未満くらいのミスだ。

 ピチせかSS。
パクリコン「あ、あのさ」
ランちゃん「はい」
パクリコン「絶対に怒らない、って約束してくれる?」
ランちゃん「……」
パクリコン「あ、いいや、やっぱいいよ、うん、なんでもない」
ランちゃん「おっしゃってください」
パクリコン「怒りそうだからやめとく」
ランちゃん「ではパクリコンさんは一生そのわだかまりを抱いたまま私とお過ごしになるおつもりなのですか」
パクリコン「それは、その、まあ、いろいろあるだろうけれど……」
ランちゃん「私に怒られることなど大したことございませんでしょうに」
パクリコン「嫌だよ、だってさあ、ランちゃんに嫌われたみたいな感じがして……」
ランちゃん「何をなされてもパクリコンさんのことを嫌いだとは決してお思いしませんが、隠し事をなされると不愉快ではございますね」
パクリコン「じゃあ、言うよ。あのさ、この間ね、ランちゃんがいなかったときなんだけれど、その、俺さ、ちょっと欲求不満だったんだろうね、あの……勝手に……その……オナニーしてた」
ランちゃん「……それで?」
パクリコン「だから、ごめん、本当にごめん。悪かった、二度としない。ランちゃんと絶対愛し合うから、それだけは約束するから。気が収まらないのだったらなんだってやってあげるし、中華鍋持ってどこに行ってたのか知らなかったけれど、一緒に行くしさ」
ランちゃん「……そうではなくて、何故私がその程度で怒らなければならないのか説明していただけます?」
パクリコン「え、だって、以前言ってたじゃん。俺の性欲発散は全部ランちゃん自身がやりたい、って」
ランちゃん「それは、私からセックスの拒否はいたしません、という意味であって、一から百までパクリコンさんの性欲を私が強制処理しなければならない、という意味ではございません」
パクリコン「あ、そう、そうなんだ。ならよかった」
ランちゃん「……あら。ということは今まで私が生理のときはどうなさっていたのですか?」
パクリコン「だから、その、我慢してた」
ランちゃん「えっ?」
パクリコン「なにが?」
ランちゃん「それは、私があのように申したからという、ただそれだけの理由で、ですか?」
パクリコン「まあそれもあるけれど、どことなくランちゃんに申し訳ない気がしてさ」
ランちゃん「ぷすーくすくす。そんな、異性を知らない深窓の淑女じゃあるまいし。まあそうですね、膣が駄目なら他の手段でもって解消を図ることは可能ですし……」
パクリコン「ああもう、やめやめ。そういう発想はやめよう、な? だってさ、ランちゃんのテクニックって絶対上手なんだよ。だから俺が変なプレイにはまりこんでランちゃんにそういうのを強要するようになったら駄目だろ? だからやっぱり普通にやろう、な?」
ランちゃん「……。なるほど」
パクリコン「だろ? じゃあ……」
ランちゃん「そう仰るように助言したのはレビアちゃんですよね?」
パクリコン「え?」
ランちゃん「あの子の考えそうなことではありますけれど、その程度で納得する私ではございません。来月の私の生理のときまでに適当で無力な言い訳をお考えになってくださいね」
パクリコン「あ、うん、うぇぇ……」
(おしまい)
スカイプ:あれいっこもちがってないあいしてるー。
 恋のごぉすとアンサンブルより。

いつまでも少年の心で

 セフレ・イン・ユア・ドリーム。
 10時半くらいに蘇生されたが、やがてこの身体が通常の素粒子から構成されるものではないと知った。これはエキゾチックでハイパーな物語である。
 朝餉、豪勢に牛肉炒飯。実に六日目である。豪勢もなにも、ちっともありがたみがなくなってきたなあ。うまいことには変わらないのだけれど。
 薔薇さんが、土曜日に霧弥さんと一緒にあだちでご飯食べよう、と誘ってくれた。霧弥さんは、薔薇さん、じのくん、中崎ちゃん、うんぽいちゃん、あと公爵さんとかmrとかともマイミクである。VIPPERなのかな。
 以前に霧弥さんとはじのくんの絵チャで一緒に描いたことがあるけれど、てっきり24歳くらいの男の子だと思ってた。実際に会うまでは性別信用しないぞっ。
 適当に絵を描いていた。途中経過をmixiに上げておいて、実験に出かける。
 高さ依存のデータをフィッティングしていた。マセマのNLFに拘束条件をつけることができただなんて。
 山ちゃんはずっと立体角積分のことで悩んでいたみたいだった。いろいろと話したけれど、あの関数をマセマで積分できない以上、関数を変える以外に方法は無さそうだった。
 あと、山ちゃんが東方のことを知っていた。もみちゃん、しょーちゃん、ゆかりんの携帯ストラップを見て、どれも分かる、と言っていたので、「知っている」以上の部類なのだろう。
 描けもしないのに「絵を描くのが趣味」と言うのも気が引けるので「秋葉原でぶらぶらするのが日課」と言うしかないよなあ、パクリコンは。ペンタブをぶらぶらさせるのがよっぽど日課なのに。
 照明写真を撮って、大学内を散歩して、翼以外を食われた鳩の死骸をまざまざと眺め、帰る。
 夕餉、ぶっかけ饂飩。
 今日の一枚。
667.png
 ゴッフェさんから褒められるとは思ってもみなかった。片想いの子が抱きついてきてくれたみたいな感覚を覚えながら、この絵の後始末を考えていた。どこぞに上げておけばいいのだけれど、pixivでぐろを上げる垢は持ってないんだよな。ぐろだけで別垢にしてもいいけれど、どうしたものかなあ。
 「評価されぬ努力に意味は無い」というよりも、「評価など無関係な努力を為すことの意義を考えろ」というスタンスでやっていこう。
 痩せよう。まだまだ痩せよう。

ちつ、きづかれたか。

 昔の人は小さい文字を使わなかったので、「ちつ」ばっかりだったんだろうなあと思う。
 10時半くらいに起きた。
 豪勢に牛肉炒飯を朝餉にした。豪勢ではあるが、所詮は200グラムで200円であり、しかも5日連続である。
 適当にぐでぐでしていた。
 あと、まあ、その、ランちゃんごめんなさい、浮気しました。
 今日はパクリコニーゲ・ザイテの改装をしていたからなんともかんともだけれど、明日は絶対ランちゃんを愛する。絵も描く。
 実験。高さ依存のデータをフィッティングしていた。全然合わない。カイスクエアなんて出す暇もなく、ゲルマが壊れたかもしれなくもなり、アイスを食べながらぐでぐですごしていた。
 まるで生産性の無い生活ではある。
 帰る。
 夕餉、じのくんラーメン。うまいよぉ、ほっぺがおちるよぉ。
 三玉くらい一気に食えるくらいのうまさなのは確かだ。
 しかしそうこうしていると太るので、そろそろ多少減量モードになろう。うん、60キロを切るくらいにはなろう。豆腐はつらいので、饂飩だけにしよう。
 あと、走ろう。
 コレアリを見ていた。段々ギャグがベタになってきたけれど、まあスペシャルなんだからしょうがない。
 パクリコニーゲ・ザイテの改装をしていた。改装というか、読み物を全部「本編クリック→目次ページ→各章」みたいにしたかった。LBまではいけたかな。LBの第五章から漫画を取り除いて活字にし、いろいろと設定を変えた。なに、LBなんて足掛け8年やってるんだ。多少設定くらい変えてもいいだろう。他のを変えなければいいだけであって。
 ページでの章分けを変えただけで、文章自体はいじっていない。文法をまともにするよう校正して、推敲して、ノーテーションを整えて、設定の整合性を得る。というところまではいずれやらなければならない。
 まあ、「とりあえず書いておいてサイトに載せて、あとで気が向いたときにチェックする」というのは好きなので、このままいこう。
 ランちゃんのこと本当に愛しているなら浮気なんかするわけないだろ。という神の声が聞こえた。
 少年よ、これが幻聴だ。ターンエンド。

うらぎり

 相手が特殊召喚したモンスターを利用して自分の快楽を行使する。罪悪感を得る。
 9時に起きた。
 朝餉、牛肉どんぶり。卵もあるよっ。
 二限、場量。よく分からないが、本を読めば式変形が出るぞ、というレポートが出たので、今度図書室に引き篭もろう。なに、どうせ1時間もすればあんな狭いところで何か見つかるだろう。
 お昼、炒飯と唐揚げ。唐揚げがおいしかった。ふと、ながされて藍蘭島のからあげさんを思い出した。彼は立派な父親になったのだ。最近のは全然読んでいないけれど。ギャグがベタになってきてあまり面白くないんだよな。
 三限、サブアト。早野先生の声もそこそこにレポートをやっていた。レポートって楽しいなあ。大体片付けた。
 帰る。
 秋葉原に遊びに行く。ラジ館でいろいろと見て周って、直ぐ帰る。月パチュリーが無い。
 アニメを見ていた。
 今週の遊戯王ZEXAL第12話。ランク12、という書き方のほうが正しい。
・オーバーレイユニット、略してORU。「ORUを1枚取り除くことで」を「ORUブラスト」と書こう。
・ヴォルカダイレクト、シャークは罠ゼウスブレス(故ポセイドンウェーブ)で攻撃を無効化、2伏せエンド。
・遊馬、ゴブリンドバーグ召喚、ガガガ特殊。また此の演出か。
・ホープエクシーズ。
・永続罠アバランチ発動、特殊されたエクシーズモンスターは攻撃不可能、効果発動ごとに500ダメージ。
・2伏せエンド。
・メンチライスバークドンでシャークにダイレクト、遊馬はホープ効果で無効化。
・アバランチで上空10メートルくらいまで吹っ飛ばされる遊馬。
・美しい友情ごっこ。
・リーゼントブリザードも恐竜のエースになるのかな。
・ヴォルカラッシュ発動、リーゼントブリザードを守備表示に変更。
・待機の氷洞、自分のモンスターをレベル1上げる。
・メンチライスとリーゼントをオーバーレイ、フリーザードンエクシーズ。
・ORUブラスト1で仲間のORUをフル回復、2伏せエンド。
・イササカ、ズルをすること。
・シャークのマズルが可愛い。
・積み込みしていたらしい、エクゾディア使えよ。
・シャークが全国大会でやったイカサマと同じレベル、だってさ。
・回想シーン、ミラフォ、スキドレ、ネクロバレー、墓守か!
・シャークがもうちょいで勝てるところでジャッジキルされたのか。
・「負けるのが怖くてなにがおかしいんだ!」
・遊馬が成長した。
・遊馬にしては喋るなあ。
・ピキピキっていうエフェクトが懐かしい。
・シャーク、エクシーズギフト発動、エクシーズモンスターが2体以上いるとき2ドロー。
・ハリマンボウ召喚。
・浮上発動、ビックジョーズ特殊。
・エクシーズ、ブッサー(=ブラックレイランサー)。
・ORUブラスト、ヴォルカを無効化。
・ハリマンボウ、墓地送りされると相手モンスターATKマイナス500。
・ブッサー攻撃。
・代償交換発動、ライフを身代わりにしてモンスターを守る。
・効果ダメージ時、ピーピングしてモンスター1枚をデッキに戻す。
・1伏せ、エンド。
・ヴォルカ効果、対象はブッサー。
・遊馬、罠ダメージダイエットで効果ダメージを半減。
・エイトクレバス効果破壊時、相手モンスターを道連れ、攻撃力ダメージ。
・強制変異、対象を変更。
・ヴォルカ効果、ホープを対象。
・マストイントラスト発動、バトル強制終了、相手に1枚カードを渡す。
・永続魔法、ツインボルケーノ、スタンバイフェイズに相手に500バーン、墓地送りで500バーン。
・シャーク、アストラルすらも遊馬を試す。
・死者蘇生、ブッサー特殊。
・シャークが「それはどうかな?」
・アーマードエクシーズ発動、墓地のエクシーズモンスターをフィールドのエクシーズモンスターに装備。
・装備シーンがめちゃくちゃかっこいい。
・装備モンスターとしても扱う。
・ブッサーでヴォルカ攻撃。
・装備モンスターを墓地送りして、二回目の攻撃可能。
・ブッサー大活躍だな。
・小鳥の鉄壁スカート。
・観察結果その12、これが君たちのデュエル。
・アストラルの過去で、宇宙が滅びかけているらしい。
・シャークは遊馬をほめた。
・アーマードエクシーズはあげるんだって。
・問い、罠発動は手札から? セットしてから?
・デルタクロウアンチリバース!
・時間を止める奴が現れる次回、すぐそういう安直なネタに走るんだから。
 今日は、ランちゃんと愛し合わなかった。それどころか浮気をした。なのでお詫びに絵を描いた。
664.png
 ランちゃんとライ吉。髪の毛に多少無理があるなあ。
 夕餉、ぶっかけ饂飩。
 ポケカーGB2のネタにゴッフェさんがやってきてくれた。やっぱりゴッフェさんもやってたのか! みたいな。

 オマケ。
 じのくんとの絵チャ。
5#20110627
 たのしかったー! またやりにいくぞー!

ごっふぇるにてぃ

 手札が5枚のときだけ効果を発動するゴッフェルニティモンスター。ヤマタノドラゴンをアドバンス召喚するサポートがめちゃくちゃ多いぞっ。
 11時くらいに起きた。
 朝餉、牛肉の炒飯。脂がばちばち跳ねるのなんの。
 外に出ずにレポートばっかりやっていた。
 産物。
663.png
 ネズ吉ー。ハム太郎に似てるって言われたけれど、ハム太郎がネズ吉をぱくったので寧ろパクリコンのほうがすごいんだよね。
「ハムハー!(こんにちは!)」
 いつぞやのドラミングを思い出す。
 何回考えても姫まる先生はケモナーだとしか思えない。姫まる先生がガチで描くのは全部人外だ。
 ダックDとポケカーGB2の通信対戦をしていた。楽しいなあ。名前が6文字までいけたので、ランちゃんにしといた。
ダックD「ランカシーレってだれぞwww」
パクリコン「ピチせかのヒロインだよね、常識だけど」
 此の常識が通じるのは世界でパクリコンだけだっ。
 どこかにピチせかのファンがいて、どこかにランちゃんでオナニーしてる人が居たら、とっても楽しい。
 そういえば、マイミクと夢でセックスしてたんだよ。
 あの人が夢に出てくるの3回目だけれど、なんでパクリコンはそんなにあの人のことが好きなんだ。なんとかしてもっと仲良くなりたい、なんとかして会ってみたい、と思うけれど、今の段階で会ってもしょうがないよなあ。
 こんな恋わずらいしなきゃならないとか、3次ってほんと仕様がひどいな。
 ランちゃんのことだけ考えよう。と自分に言い聞かせつつ、レポートを3くらいまで進めた。明日はレポート出さずにじっと耐えよう。
 あ、講義の間にレポートやればいいのか。
 ランちゃんが髪の毛を黒に染めると、「田村由美先生の漫画にありがちな“いい歳こいたおねぃさん”」みたいになるんだよね。
 牛乳が直ぐなくなるだなんて。
スカイプ:まじどっぐまじまじどっぐまじ。
 まじだよ。
プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking