ラスト・ナツヤスミ・ネバー・ノウズ

 光合成にも一葉知秋、どきどきワクワクは年中無休!

shokubutu7.jpg

今日は深海も平和です

 思う存分戦いぬいた深海棲艦のみなさんが賑々しくアリューシャンやミッドウェーの思い出を語り合っていたところでの、深海提督による記念撮影。

1592.png

イベント二十一日目 ~ノズルノイズ~

 ノズルから出る空気をランのおっぱいに当てて遊んでいた。しかしランが俺を見る目から冷ややかさが消えて憐みが顕れはじめたので、俺はおとなしくノズル遊びをやめることにした。何事も適度で終わらせることが大切である。

続きを読む

イベント十九日目 ~終結のE-6~

 E-6にてダブルダイソンを撃破し、ゲージ破壊を完遂させた。これにより海老名鎮守府は深海棲艦による本土襲撃を完全に免れた。
 撃破時の編成はこちら。
大和 46/46/水観/電探
武蔵 46/46/水観/電探
北上 3号/3号/甲標的
翔鶴 烈風/烈風/流星改/彩雲
加賀 流星改/烈風/烈風改/二式偵察
千歳 烈風/烈風/流星改/彩雲
 これで潜水艦マスまでは固定できる。さらに空母棲姫戦において航空優勢を取ることもできる。なおここで千歳お姉を使うくらいなら、AL作戦では大鳳ではなく千歳お姉を使い大鳳を温存しておくべきだったということも分かる。そういった情報戦もまた今回のイベントの魅力であったと言えよう。
 また大和型を旗艦に据えることで「庇う」発動時の僚艦のダメージを低減させることも、攻略に大いに役立った。北上さんを旗艦にして夜戦カットインを決めるか、はたまた北上さんを連撃装備にして道中撤退を少なくするかは編成内の艦娘によるだろう。だが今回のように軽空母を含め空母が3隻いる場合には、旗艦を大和型にして道中撤退率を下げることが攻略に大きく貢献したといえる。
 ゲージ破壊時のみ道中支援・決戦支援をともに使用した。
 消費資源は以下のとおりである。 いつのイベントでも、鋼材が一番のかなめとなる資源であると分かる。
燃料110k->89k
弾薬90k->59k
鋼材85k->24k
ボーキ40k->25k
バケツ1300->700
 今回のイベントでは、キラ付けによる回避率・命中率上昇を実感することができた。少なくともキラ付けを施された艦娘の一撃中破・大破率は目に見えて減ったように思われる。この特徴は夜戦において特に顕著だったため、今後も積極的にキラ付けをしてゆくことが推奨される。
 今回のイベントは艦娘と深海棲艦の総力戦に相応しい戦いだった。アリューシャンの戦いおよびミッドウェー海戦という史実上重要な舞台をモチーフとしてあるだけに、最低でものべ24隻の艦娘が必要となる高難易度のイベントとして相応しいものだったといえよう。万遍なく備蓄・装備開発・練度向上を重ねることがイベント攻略の一番の鍵であることを再認識させてくれる戦いだった。
 これからも深海棲艦との戦いは続いてゆくだろう。けれど不思議なことに、何度も砲撃を重ねてゆくうちに彼女等の言わんとしていることが伝わってきた。今回のイベントを通して、互いに譲れない想いを持ちながらも、やはり互いに理解しあえる想いをも持ち合わせていることははっきりと実感できた。なればこそ深海棲艦と真に理解し合うためには、もっとたくさんの深海棲艦と出会い、語り合い、時には涙しながらも互いをより深く知ることが必要なのではなかろうか。

 また会おう。どんな形でもいい。深海棲艦の皆とともに、語り合えればいい。
 願わくは、荒れた海の上ではなく、もっと穏やかな日常で彼女等と出会いたいものだ。

 じゃあな!

kankore2.jpg
プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking