神のお告げ

 二次創作に出すとこういうキャラになるシリーズその4。
1376.jpg

 神だ! 神がいるぞ!(二重の意味で)

~~~

 さて、水曜日である。

 \アッサゴハーン/
(※特に意味はない)

 昨日思いついたアイディアをもとにシミュレーションを行っていた。
 なおシミュレーションを行っただけではなく、ランと愛し合ったりレビアちゃんをナデナデしたり和浦ちゃんをぽふぽふしたり龍楽さんと語らいあったりしていた。潤いの無い環境では仕事能率がα倍されてしまうというのが原子核物理学の一般的な通説である。なんてったって微細構造定数は何よりも偉い数字だものなぁ(※ただし原子核の業界に限る)。

 ランとレビアちゃんとでご飯を食べに行く。
 ここ数日俺がまともなご飯を食べていなかったのは事実だけれど、なんだかもうここまできたら彼女たちに心配されてしまうと負けだと思って、先手を打って、
「よし、今からみんなでうまいもの食いに行くか!」
と誘った。奢るから、と言ってレビアちゃんも誘った。
 そしたらレビアちゃんから、
「無理しなくていいんだよ?」
と言われた。
 俺はおそらくレビアちゃんには当分勝てないな。

 \オッヒルゴハーン/
(※特に意味はない)

 適当に出来上がったシミュレーションを持って大学に行く。
 ここでいう「適当」とは、「適切な」とか「妥当な」という意味である。天下のパクリコン様がテキトーに仕事をやるわけがないじゃないですか。
 えっ? なくもない……?
 テキトーにやってないというのなら、さっさとRPGを完成させろ……?
 私に100時間ほど時間をくれたら完成させてやる。さあ、アタッシェケースに100時間を詰めて持って来い。

 大学ではしゃまにシミュレーションを見せて、いろいろと議論を交わした。
 プレゼンの方針が定まったので、今のこの熱いモチベーションをもって作成しようと思う。

 自宅に戻る。

 散歩に行きたかったので秋葉原を幽雅に歩く。
 ちっ、今日は風がちっとも吹いていない。これじゃあパンチラが拝めないじゃないか。……と小市民的なことを思いながら歩いた。
 なお財布の中には340円しか入っていなかったので、欲しかった《アンデット・ワールド》はおろかケバブすら買うことができなかった。
 金は血よりも重い。
 だが金よりも愛のほうが重い。

 以前までの、
「パクリコンさんに寄ってくる女どもが全員悪いのです!」
と言うランも、
「ランほどの名器をもってしても出せなかったのは俺が不能だからだ! 泌尿器科に行ってくる!」
と言う俺も、なんだかどこかに行っちゃったなぁ。
 俺はあんまり変わってないけれど、ランはめっきりそういうことを言わなくなった。
 俺は……まあ泌尿器科に行ってなんとかなったからな。

 自宅に帰ると、ランが生理で寝込んでいた。
 ランに八つ当たりされても、酷い事言われても、叩かれても、嬉しいのがパクリコンである。
 他人には絶対にやらないような滅茶を俺にだけしてくれるのはとても微笑ましい。
 いわゆる「あの子って見た目はおとなしそうだけれどベッドの中では淫乱なんだぜ」に近いものがある。
 まあ、何と言っても生理だしな。ランに「バカバカ、何も分かってくださらない」と言われつつも延々と宥めるのは俺だけの特権だ。今日だけはいっぱいランのサンドバッグになろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking