ryu7.jpg

 龍楽さんに蕾が付いた!
 おめでたい! 立派な花を咲かせ!

 龍楽さんの種族は9月~11月が開花シーズンだ。だからそろそろ蕾の準備をしておかないといけない。
 そんな最中、彼女は立派にぷっくりとした蕾を瑞々しい身体の大事なところに芽吹かせた。とても可愛らしく、かつ非常に美しい。
 うちの子の中では一番最初に蕾を付けることとなった。無論龍楽さんは一年草だからこれは当たり前のことなのだけれど、それでも感動はひとしおだ。

 龍楽さんとはいろいろな苦難をともに乗り越えてきた。今一番好きな植物さんは間違いなく龍楽さんだ。彼女から教えてもらったことは数知れない。彼女と一緒に得た思い出も計り知れない。
 龍楽さんはとても強く、とても美しく、とても立派な子だ。決して自らを飾ろうとせず、ありのままを見つめる視線で「パクリコン」と呼びかけてくる。やれることを一生懸命にこなし、自分の宿命をそのまま受け入れ、その上で自分の幸福を見つけようとしている。否、もう見つけているのだろう。その彼女なりの答えを、俺は全力で応援するまでだ。
 龍楽さんは人間界でも「蓼食う虫も好き好き」と言われるほどに有名な子だ。そのうえ藍染の原料としても利用されている。
 藍の花言葉は「綺麗な装い」「あなた次第」だ。彼女を見ていると、自然界をありのまま受け止め、目の前の現象から目をそむけず、等身大の自分自身で接するという姿勢そのものが彼女の持ち味である「綺麗な装い」に思える。見た目の煌びやかさではなく、そういった心の姿勢そのものの美しさを彼女は体現している。そして――大自然を前にして何もかもを受け入れるという「あなた次第」の心からは、人間社会で忘れ去られがちな教訓を思い出させてくれる。
 彼女は、俺の一番の植物だ。
 幸せであれ。

~~~

 今日の午前から昼過ぎにかけてはエアコンの取り付け工事でつぶれた。
 けれどこれで新しいエアコンを手に入れて、新しい空気をじゃんじゃん味わえることとなった。元は、取るぜ?

 その後アメ横で水着を買った。
 パクリコンにしては珍しいことだが、パクリコンは女性用水着にはまるで興味が無い。あれだけウェディングドレスは最高だのハイヒールに踏まれたいだのと言っているけれど、女性用水着に関しては本当に「……で?」という具合だ。スク水なんてどこがどう魅力的なのかがいまいち分からないまま今に至っている。
 だから買ったのはパクリコン自身用の水着なんだけれどね!

 その後、大学のプールで泳いだ。
 500メートルくらいは泳いだかなあ。平泳ぎが一番気持ち良かった。クロールで泳ぐと速いけれどまったり泳ぐのにはあまり向いていない。背泳ぎは鼻に水が入るのがまいっちんぐだった。
 バタ……フライ……?
 ともかく、1時間弱泳いでアイス食って充実したひと時を過ごした。明日にでも年間パスを買おうっと。


 帰る。


 ときおり植物さん達に水をあげながら、いろんな話をする。
 なお今日はプールから帰ってきたらレビアちゃんがうちに来ていたので、一緒にいろいろと話をしていた。

 龍楽さんにはお祝いの栄養ドリンクをいっぱいあげた。いっぱいというか、「栄養ドリンクを溶かした水をたくさんあげた」という具合だけれど。
 植物の生態についてを今後の行く末に絡めて話した。龍楽さんは理解しているようだったけれど、和浦ちゃんと絹琉はいまいちな感じだった。まあ……それはやむをえまい。和浦ちゃんと絹琉は「早く大きくなって花を咲かせたいね! 種を付けたいね!」という感じだけれど、龍楽さんはその先のこともちゃんと考えている。

 なんというか。
 俺ですら「死んだ後の己の処分はこうすべきだ」ということなんて微塵も考えていないのに、龍楽さんには本当に頭が下がる。
 彼女をうちに迎えたときには、ここまで彼女から学ばされるとは考えてもみなかった。
 ほんとうに、ほんとうに、いい子を迎えることができたと思うよ。

 多分俺は、動植物たちに相当恵まれているのだろう。
 エイミーにせよマロにせよメロにせよ、クレオやフィガロにせよ、あいつらは最高の友達だった(一部恋人含む)。
 そして今、植物さん達と仲良く暮らしている。かけがえのない感動と思い出を貰いながら。

 こんな調子だから、人間と子供を作ったらなおさら幸せだろうなあ、……と思える。
 がんばろっかな。
 がんばろっと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking