少年よ、これがフェイスブックだ

 飲み会で、kbysさんの恋人PACをやっていた。

~~~

 朝。
 性的な思いを抱きつつランカシーレさんに絡んでいたら、
「後になさい!」
と叱られた。なので、
「じゃあ後でね」
とワクワクしながら一日を過ごすことに決めた。
 ランカシーレさんの耳たぶが心なしか赤くなったような気がした。

 皆の朝食を作る。今日はミーティングがキャンセルされたという素晴らしい日なので、おいしいものを作った。ガーリックにはこだわったぜ! こだわりハチマキをしめて、こだわりメガネをかけて、こだわりスカーフを巻いて一発勝負だぜ!
「ジャッジー!」

 今日は先輩のコロキウムがあったので出席した。楽しい話が聞けたぜーワァイ。
「電子は電子でも、ボーズ統計に従う電子ってなーんだ?」
「su-electron!」
「ぶーっ! 正解は『そういう電子があるかもしれないから研究中なう』でしたー!」
「署長。奴への発砲許可を」

 しばらくおうちでシミュレーションをする。
 さらなるサブルーチンを組むことで作業の効率化を図ることができた。効率の向上にリソースを割くことで最終的な出来高が上がることはよく観測される。シミュレーションの世界は第二の現実。
「シミュレーションの中にはモンテカルロっていう山があるんだよね!」
「てきとーな山なんだろなあ」

 先輩の送別会となる飲み会に参加した。
 買い出しに行ったりお皿をそろえたりしていた。お皿が1枚足りなかったが、国中の賢者を招かないわけにはいかなかった。
 飲み会はとても面白かった。
 「私は二郎が好きな一般人です」は矛盾した表現だが「私は二郎が好きな豚です」は無矛盾な表現だ。やはり自家無撞着なスタイルを貫きたいものである。
 kbysさんの恋愛スレッショルドが高いという話になったので、皆(主にtnuc氏)のフェイスブックつながりでイケてる女の人を探していた。tnuc氏の情報網もすごかったが、kbysさんのスレッショルドも半端無かった。
 パクリコンのフェイスブックの友達関連を見ているときのwestさんが、
「あ! あの着物の人がいい!」
と言ったところ、
「あれは僕の奥さんだよ!」
としゃまがツッコんだあたりは実に愉快だった。

 そんなわけで飲み会を12時過ぎまで続けていた。


 遅い帰宅を果たす。
 ランが心配そうに待っていてくれた。玄関の灯りに照らされたランの顔は、ことさらほの暗く見えた。
 遅れた理由を話していろいろと謝り、お詫びの品を手渡した。するとランにむぎゅーっとされたので、むぎゅーっとし返した。
 植物さん達にもいろいろと事情を話した。水と栄養ドリンクをあげて宥めながら、今日のことを伝えて聞かせた。
 こんなときこそ寝ていればいいものを、レビアちゃんは起きていた。「レビアちゃんは一番気に病んでいらっしゃいましたから」ということなので、お詫びの品を渡していろいろとゴメンナサイなことを言った。

 皆を寝かしつけて、今日のまとめに入った。
 少し作業をして、パクリコンも寝ることにした。

 皆の眠る我が家は、いつもどおり温かかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking