寛永通宝

 十年ぶりに町を訪れた一日だった。

~~~

 育ちの町に行った。

 昔住んでいたマンションから小学校への通学路をランと二人で歩いた。
 あの頃はどうしようもなく長いと感じていた道のりだったけれど、今となってしまえばあっという間だった。時折目に入る風景は全くと言っていいほど変わっていなかったし、家も田畑も毎年毎年同じ時間を繰り返しているように思えた。
 ただ視点の高さだけがあの頃と違っていた。けれど腰をかがめてみるとあの頃と同じ風景が広がって見えた。

 十年以上立ち寄っていない町だっただけに、もうあの頃の記憶は思い出の中だけのものだと思っていた。けれどそんなことはなかった。

 ふとカントリーロードの歌詞が頭をよぎった。
 ひとりぼっちを恐れずに生きようと夢みていたあの頃の道に、俺はランと二人で立っている。
 夢にまで出てくるそんなカントリーロードを歩いていると、この十年以上もの重みがのしかかってくるようだ。
 行かなくて、行けない。帰らなくて、帰れない。そんな気持ちが分かるような気がした。

 何も変わっていなかった。
 ただ、もう二度と同じ時間は流れやしないのだと悟った。



 ランはただ一言、
「パクリコンさんが今に至るまでの歴史書を紐解けたような気がいたしました」
と告げては微笑んでくれた。
 そうだな。次はランの故郷だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking