これがお前の記憶の病みか

 記憶障害に陥っていた一日だった。

~~~

 午前は何ともなかった。
 研究室ミーティングも無事こなし、集中力こそ無かったものの適度に乗り切った。

 問題は午後だ。
 ベッドに伏してふと時計を見たらいつの間にか1時間が経過していた。
 混濁した意識の中で「これはやンばい」と思いながらツイッターで「意識のコンダクタンスが大きい」とか何とか書いた。
 その後、また気が付いたら知らぬ間に1時間が経過していた。

 さすがにやヴぁい。
 やンばいじゃなくてやヴぁい。
(註:やばい<やンばい<やヴぁい)

 急いで入渠し、皆には「俺の記憶で俺がやヴぁい」というスリーピングメッセージを残して寝床に就いた。
 そんな俺に添い寝してくれるランさんマジヴィーナス。
 海王星の宙闘士だったけれどマジヴィーナス。


 敵だったランは、言うこと残酷だし言葉攻めがきついし一発の殴りがでかいしダメージ大きいし悪びれるところが一切なく何事にも躊躇無しでとても強敵だった。しかし味方に回すとランはとても穏和で優しく物腰柔らかい子なので、なんだかもうランさんはピチせかのヒロインとして優秀すぎやしませんかね。
 一方で俺は2005年以降フツーの主人公しかやっていないので、多分もうちょい俺は敵役に回るべきだ。がんばろっ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking