鉄底を突破せよ!前編

 17時30分からE-4に挑み始めた。

 艦隊は金剛80、大井66、北上64、利根60、筑摩53、榛名78だった。旗艦をかばうときのダメージ計算が旗艦の装甲に基づいて計算されるらしいので、旗艦には一番装甲の厚い金剛改二を選ぶほかなかった。飛行場姫には雷撃が届かないのでハイパーズを二番手三番手にし、三式弾を装備させた利根筑摩榛名をラスト三隻にした。
 装備は全員連撃である。敵の軽巡駆逐を倒せるように主砲と副砲をセットで装備させた。

 序盤から飛行場姫のところに到着しては大ダメージを与えていった。二回目に到着したときに飛行場姫を破壊できたので、
「これは突破できる構成だろう」
と信じることができた。

 やがて3時間くらい経った頃に飛行場姫のHPが18%くらいになった。そしてそんな最中運良く飛行場姫を破壊することができた。飛行場姫の断末魔を聞きながら、
「これで終わりか。案外早いもんだなあ」
と思った。……がしかし、ボス破壊によるゲージ削りは17.2%なので、飛行場姫が残りわずかのHPを残して生きながらえた。

 それからも延々と飛行場姫への出撃は続いた。否、続くものと思われた。
 そう、16000を超えていた燃料・弾薬・鋼材が無くなりつつあることに気付くまでは。

 特に厳しかったのが鋼材である。なにしろ遠征でまともに稼ぐことができない上に金剛・榛名の大破によってあっという間に300も400も持っていかれるからである。燃料・弾薬なら出撃回数自体で残り数推移が計算できたものの、鋼材となると敵の攻撃の集中具合で大きく変動するため減少度合いを予測することが特に難しかった。

 タンカー護衛任務、海上護衛任務、鼠輸送任務をこなしながら8時間以内(飛行場姫のゲージが16.8%増えるまで)にさらに再出撃できるよう調整しつつ仮眠を取り取り、夜が更けていくのを感じていた。


 ベッドの中で、
「これ……終わるのかな……」
とふと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking