日本中央競馬会

 日本中央競馬会に行ってきた。

 受付のところで書類確認をされなかったので、
「これで書類不備で落ちたら目も当てられんな……」
と思いつつも、二年前に聞いた『倍率はゼロ倍』という意☆味☆不☆明な言葉を信じて遠慮なく出した。
 おかげですっきりした。
 あとは修論しかやることがないぜ!
 楽しんで修論を書こう!

 その後自宅に帰投し、龍楽となんだかんだ話していた。
 ずっと彼女と一緒にいると、次第に色あせてゆく彼女の葉にすら自然の摂理を感じる。花を咲かせ、実をならせ、そして葉から少しずつ緑の色素が失われてゆく様には彼女が生きているという実体そのものが宿っているように思えた。彼女はいまだなお少しでも多くの花を咲かせようと精いっぱい生きている。そこに脈々と感じられる彼女の先祖代々からの生業には学ばされるものがある。
 彼女の葉を撫ぜたり実をもぎとったりする感覚の一つ一つが愛おしかった。もっと彼女にはいろんなものを見せてやりたかったし、いろんなことを感じさせたかった。けれどそんな俺の我が儘など、彼女の生に対する真摯な態度の前では些末なものだった。
 龍楽がうちに来てくれて本当に幸せだった。最後の最後までともに幸せに過ごそう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking