粥状の睡眠

 寝ていた一日だった。

 徹夜していた。
 午前に行われた試験の監督をズババッガガガッとやり終え、自宅に帰って一瞬で眠りに落ちた。

 レビアと一緒に敵と戦いながら追手から逃げる夢を見ていた。
 レビアもほんとうに可愛い子だ。だからこそ、この子にだけは「もしランとダメだったら」だなんて保険をかけたくない。
 攻めるときは正攻法で攻めるさ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking