綿津見

 海を見ていた。とても鮮やかな青がどこまでも広がっていた。やがて夕陽がそこに沈もうとしていた。橙色と青色の混ざりゆく様は俺をして縦横無尽天地開闢の言葉を思い出させた。
 あの海の中へ、と俺は思ったが、ランはもう少し一緒に眺めていたいと俺に告げた。だったらそうしよう。もう少し待てば濃紺の夜が訪れるさ。
 この景色が見られるのもランのおかげだ。感謝せねば。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking