宵闇

 一日の終わりを体で感じていた。気温が低くなってゆくにつれて気圧が遠のいてゆくのが分かった。春の夜は短く儚い。そんな夜でも満ち足りた夢が見られるのはランのおかげだ。感謝せねば。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking