バーのほうそく

 アニメ『バーロー』のOVAに感動していた一日だった。

 OVA版のバーローでは、普段のような事件らしい事件は起きない。しかし日常の様々な出来事に沿ってレギュラーキャラ達が育む絆や友情はとりわけ魅力的に描写されている。大きな事件の前後にあった逸話から始まり、新一が過去に経験した探偵としての成長記録、推理力を活かした日常の困難の解決、それからYAIBAキャラやまじっく快斗キャラの友情出演といったバリエーションの豊かさもまたOVA版の大きな魅力である。
 OVA版にて生じる小さな事件は、犯人を捜しだし真相を暴くという普段のオフェンシブな事件とは異なる。むしろ無実の人を助けたり、困っている仲間に手助けしたり、はたまた誰かをかばうために互いに支え合って困難を乗り越えていったりするディフェンシブな事件が多い。そのような中で悩み、迷い、ときには葛藤を抱きつつも互いに認め合い成長をつづけてゆく彼等がとても頼もしい。日常の事件であるがゆえに誰一人として達観した視点を持てず、同じく日常の中でともに暮らしている彼等はもともとの生き様とともに考えたり理解したりしながら認識を変えてゆく。その様はまさにドラマだ。
 新一が地道に聞き込みを続けたり現場に足しげく通ったりする様はとくに素敵だった。天下り的な思考に陥らず、驕りもせず、「俺はまだまだだ。ともに歩んでくれないか?」という姿勢で探偵業に専念してゆく新一の姿はまさに探偵の鑑であるといえよう。なのでその延長上に「たとえ己のプライドを捨ててでも仲間をかばい、円満に物事を終わらせよう」というOVA版の現在があることも容易に理解できる。
 事件が一段落して彼等が各々の自宅に戻り家族とともに食事を取っているシーンなどを見ると、彼等の守りたい日々の暮らしこそまさにこのOVA版に描かれているものであると知れる。彼等もまた同じく幸せを追い求め、そうして得られた日々の小さな幸せの積み重ねこそ彼等がまさに望んでいるのだと分かる。
 いいものだ。幸せであれ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking