リキシィ・ノコッター

 mixiに日記を書いていた一日だった。

 日記のために「新規描き下ろし」という素晴らしい響きの名を持つ絵を投入し、なんだかんだ組み立てて整形して投稿ボタンをポチッと押した。前回の日記の投稿が4月6日なので、じつにこれは半年ぶりのmixi日記となる。そういうわけで「お前それ日記じゃねーだろ。月記はおろか、季記にすらなってねーぞ」という内なる声にめげないようにしつつ、カチャカチャカチャカチャ……ターンを繰り返していた。
 確かにここ半年は日記を書くだけの心の余裕が無かったなー、とは感じる。五月にはアレがあったし六月にはアレがあったし七月にはアレがあったし……と悩ましいイベントが目白押しだったことは否めない。今だなお「あれっ、俺プロシーディングスを書いたっけ!? ……あ、書いてたわ」というドキドキ感を拭い去れないことからも、余裕らしい余裕がほとんど存在しなかったことがうかがえる。しかし振り返ってみればそれらもまた良いイベントのように思える。実際各々のステップを経ることで圧倒的成長とキャリアアップが図れたことは多かれ少なかれ収穫だったといえよう(「圧倒的成長」とか「キャリアアップ」といった単語を使っている時点でまだまだだゾ!)。
 絵を描いてからpixivなどで人の絵を見ると「ウボアアアアアア」となるが、その後再び自分の絵を振り返ってみると、
「いや、案外悪くないな。というか結構イケてるじゃん」
と思えるのがなんだか楽しい。日頃の鍛錬や客観的な批判から独立した自己肯定があるということは、人生を幸せにしてくれるものだ。やはり「うまい/へた」と「いい/わるい」、そして「すき/きらい」を別物として分けておけば、おのずと全体の見通しもよくなる。同時に包括的な理解のために必要なエネルギーも減るだろう。漠然としたものの評価に対する表現形式を簡明にすることで見通しがクリアになり、新しく世界が開けることは往々にしてあるものだ。そう、ベクトル解析によってベクトルポテンシャルを得た電磁気学のようにな……ッ!
 そしてmixi日記をスマホから確認してみたところ「とてつもなく見づらい(滝汗)」ということが判明したので、パクリコンは静かに眠ることにしたのでありましたとさ。ノンレム・ノンレム(←結びの句)。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking