青年の日の思い出

 2013年4月あたりのブログを読み返して「もわっ……」となっていた一日だった。

 2013年4月頃のブログといえば、各段落の最後にギャグを挟んでいた頃である。当時としては、文体の目標として『それは舞い散る桜のように』の地の文(舞人くんのモノローグ)のそれを目指していた。しかしまあ段落ごとにギャグを挟むだなんて今の俺には理解できないものだ。代わりにおっぱいの間にちんちんを挟んだのではだめなのか。
 なおパクリコンはいまだにおっぱいにちんちんを挟むプレイングに対してほとんど魅力を見いだせないでいる模様である。なんてこったい。早く大人になりなすゎ~い☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking