スピア・ドラゴン

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1900/守 0
守備表示モンスターを攻撃した時にその守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手に戦闘ダメージを与える。
このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。
 13時くらいに起きた。
 朝餉戴いた。パンにいっぱいバター塗ったくって喰らった。
 東京に帰りたいなあ。こっそり帰ろう。
 漫画描いていた。3ページでダウン。本当は2ページ目でグロッキーだったのだけれど、なんとか気力を振り絞って3ページ目描いた。伏線も描いたし、大切な所も落とさず描いたし、まあ原作があるからなんとでもなるね。多少アレンジ効かせた。一緒じゃつまらんだろうとは思うが、原作知っている人が少なすぎるから、まあいいか。ペン入れが楽しみだ。もう少し指が長くてもいいかなあとは思うが、私は指を短く描くデフォルメが好きなんだ。あと私はギラの傷みたいなのが好きなんだなあ。あれだ、不適合者のマーカーみたいな感じだ。あれはあれで痛いらしいけれど。しかし名前が結局思いつかなくてあり合わせの名前になってしまった。まあそれくらい見逃してくれるさ。
 ハッチポッチステーション見たいなあ。ニコ動にあるのはWhat's entertainment?だけだもんなあ。サークルゲームのジャーニーのマニアックなボケが懐かしい。pixivで検索したらハッチポッチステーションの絵がヒットするのではなかろうか。

 ハッチポッチステーションタグではあまりヒットしなかったなあ。ダイヤさん擬人化、とか無かった。むう。
 なんか絵描いた。もみすわ5。以前からダックDが、もみすわデート諸君!の表紙は組み立て体操のサボテンにすべきだ、と言っていたので、やってみた。そうしたらこうなった。椛が肉体派でよかったね、諏訪子ちゃん。逆は……無理というかパンツが見えるというか。椛はドロワーズでもいいけれど、諏訪子はスカートが短いからドロワーズは無理だろうなあ。ニーソ穿いているからパンツじゃないかなあ、という意見が在る。ケロ⑨destinyに絵を付けてみたって動画でも諏訪子のスカート短いしなあ。神様だろ。神様のパンツってなんなんだよ。
 此の絵に今までの絵板の絵をじゃんじゃんはっつけていって、イメレスにしようかなあ。でもこんな絵の何処で、「ああ、椛は諏訪子が好きなのね」ってのが伝わるんだ。

 ゼリー喰らった。おなか減ったなあ。マクドもけいすけも無いのにどうしようもない。周平に行こう、明日。
 ブックオフでエルフェンリート探そう。無かったらブックサービスでなんとかしよう。実家に頼むと確実に、「こんなの読んでいるからなんたらかんたら」と言われるので、……でもどうすればいいんだ。11巻、6000円くらいはするかなあ。
 作者の岡本倫先生は今「ノノノノ」というスキージャンプをネタにした漫画をお描きになっているらしい。スキージャンプ、其の手があったか。ジャンプ着地に失敗して四肢がバラバラぐじゃんぐじゃんになってくれれば本望だが、まあそんな路線だけとも限るまい。探そう、ファンなら買って然るべきだ、両方とも。
 だが6000円あればブリュとゴヨウとパワツが買えるなあ。何考えているんだ。エルフェンリートは人生の哲学だ。真理だ。隅っこの方でごにょごにょとあいつの死に様は良かっただのそいつの内臓は綺麗だっただの言えればいい。
 私も最初はエルフェンリートが好きだ、って言うのに抵抗があった。でも幻界が好きなアニメにエルフェンリートとかリリなのとかを書いていたのを見て、ああ其れでいいのか、と思い、好きなアニメ第6位にエルフェンリートを設置することに決めた。アニメもいい、だが原作はもっといい。原作のいい導入になると思う。幻界は原作を最後まで読んでないらしい。其れでも、好きだ、って言えるのだから、アニメにしたって相当なものなのだろう。鶴屋さんが出てくるが、まあそういう時代だったのだし、まあいいか。ステルヴィアみたいに露骨じゃないしね。いや、ステルヴィアも……いい思い出だ。最後まで見られてないのが残念だ。何話まで見たかすら忘れた。しーぽんがあいつと付き合った、ってところまでは見たのだが……最終話、19年後。此のネタ好きだな。其れだけハリポは偉大なのだ(世間ではハリポというらしいね)。
 エルフェンリート読んだのが万代書店だもんなあ。あそこは漫画の宝庫だ。ポケカーもあった。よくチャリで行って一日がかりで漫画を読んでいた。ほら、受験期は暇だったじゃないか。私立の入試に友達が行っている暇なときなんかが在ったものだ。
 5D’sの公式サイトの登場人物に鬼柳やミスティがいるから……まだ登場するチャンスは残っているということかな。何故、天兵を出さない。

 此の間初めて気付いたのだが、つかさのキャラソンって「・逃・げでリセット!」なんだな。今まで夜逃げがどうのこうのと書いてきたが、あれは間違いだね。だって寝逃げってなんなんだよ。夜逃げだろ。しかし曲を聞いていれば、寝逃げも意味が分かってくる。いい曲だよ。

 夕餉戴いた。まずい。味がしないし喉が痛い。
 明日は周平に行く序でに駅前のブックオフまで足を伸ばしてみるか。あそこはポケモンの単行本(言うまでもないが、ポケモンの公式漫画は穴久保先生のやつしかないよ)が結構揃ってあったし、久米のブックオフの2倍くらいの敷地面積がある、ような気がする。しーや君の家からは近いんだけれどね、駅前。此処からじゃちょっと気合いを入れないといけない。だがエルフェンリートの為だ。エルフェンリートって略してなんなんだろうね。よく、「エルフェンは棘付きボウガンが痛そう」とか言われるけれど、エルフェンっつったら、《BF-漆黒のエルフェン》になってしまうね。エルリー、は言いにくい。いっそEL(いーえる)ってすればいいのかもしれない。よし、出版社の確認だ。
 ピザポテト喰いてえ。155円で買える幸せ。よし、周平に寄ったらピザポテト買って駅前辺りで喰らおう。

「K君」
「よう、やっと来たか」
「帰りの電車まで一緒とはね」
「待ってた」
「……え?」
「君が来るのを待っていた。俺一人じゃ其のまま涅槃に行ってしまいかねない」
「インドまで電車じゃいけないよ?」
「そういう問題ではない」
「でもまあいいや、私を待っていてくれたなんてキョウちゃん可愛いところ有るのね」
「キョウちゃ……まあいい。電車が来るまであと10分か。試験も終わったことだし、何か予定でも有る?」
「友達と遊びに行ったりするかなあ。キョウちゃんは?」
「キョウちゃ……部活の奴らのところにいって戦績報告する、そいで児童館やオルツで遊びまくる」
「キョウちゃん、若し前期で落ちていたら後期を受けなきゃならないんだよ?」
「キョウちゃ……いや、あの手ごたえはいけてる筈なんだ。大体の点数を少なめに見積もったら、例年の合格最低点の+20点はあったんだ。少なめでそれ、だからまあいいかなって思って」
「そっか。キョウちゃんもやったもんね」
「何故、君は其処まで余裕なのか」
「だって私ほら、数学で稼いだからさ」
「そうだったなあ」
「キョウちゃんもさ、部活の友達もいいけれど偶には私とも遊ぼうよ」
「日頃あれだけ一緒に居るのに……というか、まあ席が前後だからしょうがないが、あれでは飽き足らないのか?」
「だって日曜日にキョウちゃんが何しているかわかんないんだもん」
「内向的だからね、俺の趣味」
「だからキョウちゃんは……」
「その……キョウちゃんって呼ぶのはいつまで続くんだ?」
「え、此れから先ずっとだよ?」
「なんでだよ」
「だって愛称があったほうがなんか温かみが有るというか、親しげというか」
「じゃあ俺は君のことをなんて呼べばいいんだ」
「ソラちゃんでいいよ」
「あれだ、マジカノみたいだ。其れでもいいのか」
「喩えが分かんないや。で、ね、今度の日曜日なんだけど、一緒に遊ぼうよ」
「いいけれど……何して遊ぶんだ? 俺は女の子の一般的な遊びの相場を知らないよ」
「じゃあ私について来たらいいんだよ。カラオケ行ったりショッピングしたり食べたり飲んだり、いいじゃん、なんとでもなるよ」
「むう、外に出るのか」
「問題点は其処なの?」
「いや、だって日曜とか、デュエモンの大会とかが無い限り外出ないしなあ」
「其処を改善しようか。私というオープンドライバーによって」
「でもHさん、俺は……」
「ソラちゃん!」
「ごめん……なんで謝らなくちゃならないんだ。でもソラちゃん、俺は直射日光に当たると蒸発して……」
「大丈夫よキョウちゃん。日曜日曇るから」
「そういう問題ではないのだが……分かったよ、その日一日君と付き合おうか。あれだ、全部男のおごりとかいうシステムは無いよな?」
「私、男だからおごってもらうとかそういうの嫌い。自分の分くらい出すよ」
「偉い。Hさんしっかりして……」
「ソラちゃん!」
「そうでした。ソラちゃんしっかりしていて自分があっていいね」
「まあそういう社会で育ったわけで」
「いつかは俺にミサトさんがシンジくんに教えたようなこと教えてね」
「え? なに? なにって?」
「むう、一発で通じないか。おっと電車が来た。人生という名の列車。帰ろうか」
「うん、キョウちゃん」
「そうだな、ソラちゃん」

 今日のメッセ。
名前:パクリコン@パリー・パッターと炎の、ボブ、レッド。
サブタイ:赤井勇くんのことです。
 パリー・パッターシリーズも続くなあ。あと3つ、しかし誰ともメッセしないってのもなあ。一部の人間にはどうやら、「パクリコンのメッセネームマジウケルしwww」という感じらしいのだ。なので其れを聞いてから毎日のように変えている。しかも変な名前に。
 赤井勇くんはポケモンの主人公だね。母親からも博士からもポケモンからも「レッド」と呼ばれ続けて早10年。彼の此れからの暴力的ツッコミに期待しよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

パクリコン

Author:パクリコン
ピチロの世界の住人。

最新記事
最新コメント
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2 Blog Ranking